イルプルー#9 タルトカライブ

IMG_2874

シンプルな、本当にチョコレートを美味しく食べるためのタルト。 三種類のチョコレートを使ったアパレイユと、上がけのガナシュ。冷蔵庫から出してしばらくおいてから食べると、タルトの生地とアパレイユ、ガナシュが一緒になって感動の美味しさ! イルプルではペック社のチョコレートを使っていて、これは弓田先生の強いこだわりがあるわけなのですが、正直私にはよくわからず。 チョコレートそのものも、チョコレートを使ったお菓子も特別好きなわけではなく、チョコレートの違いがわかるほどの経験値がおそらくないのだろうな・・。 逆にペック社のチョコレートは粉くさいから苦手という人もいるみたいだし、結局のところは好みの問題なのかしら。 あ、でもペック社のホワイトチョコ、イボワールはすごく美味しいと思った!そのままでも大好き。 お菓子によっても合うチョコレートは違うのだろうし、色々試して比べて見るのは楽しそうだと思いつつ、チョコレートのお菓子を自分があまり欲しないのでついつい後回しになるなあ・・。

そうそう、二ヵ月まえの結婚式の写真がやっと出来たと連絡をいただき、受け取りに行ってきました。プロの方にとってもらったやつ。 ちょうど少し前のカメラ日和にもその方の特集がされていて(確かウェディングがテーマのカメラ日和でした)、本当に素敵に結婚式や家族写真を撮られる方なのです。 出来上がったアルバムをみて思ったのは、やっぱりこの人に頼んでよかった!でした。 緊張しっぱなしの一日のなかで、いつも通りの顔で笑っているところや、リラックスしている姿をどうやってこんなに撮ったんだ!と思うほど、自然な姿が沢山。 撮影中の雑談はこういう顔をひきだしていたのね!と納得。プロの方ってああいう話術や人を和ませるのも腕の見せ所なのですねー。 かしこまった自分の姿って私はとても苦手で、だからいつも通りの自分達を残してもらえて本当によかった。

さー来週はいよいよ姉が出産!あと2、3日で生まれそうな感じらしい! いつ生まれそうと言われてもいいように、毎日一眼レフもって仕事にいこうかな!


旅行

IMG_2774

先週2泊3日で旅行に行ってきた。 一応新婚旅行という名目。 連休が取りにくい私と、きなちを置いて家を空けるなんて嫌だとゴネる夫の新婚旅行なので2泊3日が限界。 画像は直島名物黄色いかぼちゃ。 メディアでも取り上げらることの多い直島。ご存知の型も多いかもしれません。 島全体を使って美術館や現代美術を楽しめる瀬戸内海の島(おおざっぱな説明・・)。 私は5年ほど前に家族と行って、今回は二度目の来訪。 もう一度行きたいと思っていたのでこの機に行ってきました。 前回は車だったけど、今回は徒歩とバスで島を回ったのでより細かく楽しめた感じ。 島の猫たちもたくさん見た!

IMG_2860

次の日夕方からは倉敷へ。 倉敷の川には何故か白鳥が。 身繕いをしている白鳥を見たのですが、あの方達は結構筋肉質なんですね。脚とかお腹とか結構ムキムキで怖かった。でも水面にいる姿はやはり絵になるなー。 3日目は例によってお腹がいたい夫Aと大原美術館んに行って、帰路につきました。

IMG_2708

帰ってからのきなちの甘えっぷりったらななくって、やはり寂しかったんだな。 一応毎日母は様子を見に行ってもらったけど、初日に番猫きなちはしっかり母を負傷させたようです。 一日目の夜からきなち寂しくて泣いてるやろうな・・と目に涙を浮かべる夫を見てこいつあほだなと思ってたけど、私も段々心配になったりして、これからも旅行に行くのは大変そうだ・・。


イルプルー#8 洋梨とチョコレートのムース

IMG_2699

私がイルプルーのお菓子を好きになったきっかけは、フィナンシェやレモンのタルトなどの焼き菓子が多いのですが、ムースがきっかけと言う方も多いようです。 確かにイルプルーのムースは特別で、普段決して好んではムースやババロアを食べない夫Aが珍しく「美味しいな」とのたまったので私も驚いた。 今回は仕上げのガナッシュをかけず冷凍で家に送り、家で仕上げをした。 弓田先生の動きを思い出しながらやるとなんとか成功。 しかもこのガナッシュ、すごく扱いやすくてしかも美味しい優れもの。固まらないので焼き菓子には不向きだけど色々使えそう。

そうそう、今回はイタリアンメレンゲを作る時にちょっと失敗。 温度をあげすぎてシロップのツブツブが残ってしまった。先生はこれぐらいなら問題ないと言ってくださったけど、やっぱり同じテーブルの上手に出来た人のをつまみ食いすると全然違った! ほんの2度ぐらいあげすぎただけだと思うけど、いい勉強になりますた。


胡桃のケーキ

IMG_2692

暑い!暑い! 汗をダラダラ流しながらオーブンを稼動させています。 まだまだ夏真っ盛りの暑さだけど、秋にむけて木の実を使ったケーキを! 美味しい胡桃をドサッと入れて、生地の甘味は控えめですが表面には杏ジャムとブランデーシロップをうってバランスをとっている。 これはなかなかいい感じ。 待望の姪っ子は来月誕生予定。 姪っ子ができることになって、とたんにベビー服やおもちゃなんかを見るのが楽しくなった。 デパートでも雑貨屋でも、ついつい立ち寄ってしまう。 数ヶ月しか着れない服がこの値段・・と思うけど、買ってあげたくなるんだろうな。こっちの自己満足だけど。


バナナケーキ

banana cake

出産のため大阪の実家に里帰りしている姉のリクエストのバナナケーキ。 あまりにもオーソドックスで、素朴で、長い間作っていなかったけど、やっぱり美味しいのね! 家でお菓子づくりにはまり始めた大学生の頃、作っていた気がする。 そのまま食べるのはちょっとというぐらい熟れたバナナを15センチのパウンド型1本につき1本潰していれて、さらに表面にも輪切りのバナナを。 姉にバナナだけのシンプルなケーキがいい!と言われたので、ナッツ類なんかも入れず、香りづけにラム酒だけをいれました。 来月末には姉の出産予定日。 もう信じられないぐらい楽しみすぎる。 姪(女の子らしい)の誕生がこんなにも待ち遠しいなんて思わなかった。 毎年誕生日ケーキ作ってあげたいよ!